溝の口駅の裏側矯正なら神保矯正歯科トップページ>矯正治療について>子供の矯正治療について

矯正治療について
矯正治療の種類について | 子供の矯正治療について | 大人の矯正治療(成人矯正治療)について | 裏側矯正について | 矯正装置について
子供の矯正治療について
子供の矯正治療について
子供の矯正治療について

対象は小学校低学年までのほとんどの乳歯が残っている人の治療です。
(永久歯の萌出の状態によって、低学年でも本格矯正治療が適応となる場合もあります)

顎の成長発育促進、悪習癖の除去、永久歯に交換した前歯を整えることが大きな治療目標となります。

最近の子供は「顎が小さく、歯が大きい」という特徴のある人が目立ちます。学童期の成長発育が盛んな時期に準備矯正治療を始めると、下記のようなメリットがあります。

● 子供の矯正治療の6つのメリット
1. 不足している歯の萌出スペースを確保しやすくなります。
2. 叢生(歯ならびがガタガタしていること)の程度が軽減されます。
3. 抜歯の可能性が低くなります。
4. 顎の発育がコントロールしやすくなります。
5. 噛み合わせや、顎の成長発育に悪い影響を及ぼす不適切な舌の癖が治しやすくなります。
6. 第二期治療がしやすく、治療期間が短くなる可能性があります。
子供の矯正治療  不正咬合タイプ別治療方法

叢生(そうせい)

子供

症状

一般的に乱ぐい歯といいます。歯と歯が重なり合って生えたり、八重歯のように歯が高いところにあったり内側に倒れていたりとか、色々な形があります。顎が小さくなっている現代人に多い不正咬合です。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

叢生治療前叢生治療中叢生治療後

上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)

子供

症状

一般的に出っ歯と言います。上の前歯が下の前歯より前に出ていることを言います。前歯の傾きに原因があるタイプ、顎の大きさに原因があるタイプなど様々です。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

上顎前突症治療前上顎前突症治療中上顎前突症治療後

下顎前突症(かがくぜんとつしょう)

子供

症状

一般的に反対咬合・受け口と言います。下の前歯が上の前歯より前に出ている状態。顎の関節に障害が起きやすいこともあります。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

下顎前突症治療前下顎前突症治療中下顎前突症治療後

過蓋咬合(かがいこうごう)

子供

症状

上と下の前歯が3ミリ以上深く被さった咬みあわせになっていることをいいます。下の前歯が強く削れていたり、顎の動きを制限し下顎の成長を抑制している場合があります。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

過蓋咬合治療前過蓋咬合治療中過蓋咬合治療後

開咬(かいこう)

子供

症状

普通に噛んでも奥歯が数本噛むだけで、上の前歯と下の前歯が上下に噛んでいないことを言います。指しゃぶりや爪噛みの癖が長かった人、鼻炎や扁桃腺が大きくてお鼻の通りが悪く、いつも口呼吸している人などに現れます。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

開咬治療前開咬治療中開咬治療後

空隙歯列(くうげきしれつ)

子供

症状

歯と歯の間に隙間があることを言います。

治療例

  • 使用装置:メタルブラケット
    (装置名をクリックすると画像が表示されます)
  • 治療期間:1年4ヶ月
  • 来院回数:16回

治療前と治療中、治療後のイメージ

空隙歯列治療前空隙歯列治療中空隙歯列治療後

ページトップへ